コピー機をレンタルするメリットとデメリット

まずコピー機を借りる方法は、レンタルとリースといわれる二つの方法があります。この二つは似ていますが、違いやメリットやデメリットがそれぞれあります。コピー機をレンタルするメリットというのは、簡単にリースとレンタルの明らかな違いは、借りる日数がリースだと数日だけ借りるといったように短い期間だけというのは無理で、それに比べてこちらの方は、最短一日でも良いということがメリットです。なので、リースは中途解約はできないですが、こちらの方は中途契約ができます。

他にもコピー機をレンタルするメリットは、リースの時には審査ということが必要なのですが、こちらですと審査が必要ないので、比較的すぐに借りて自分の会社などに置きたいときにはとても便利です。逆にデメリットを挙げると、いつでも解約ができるので、月額料金がリースより高いのとコピー機を選ぶことが出来なく、また中古品で型が古い物があります。あと、初期費用がかかることなどが挙げられます。最後にコピー機をレンタルするときのメリットを挙げますと、リースは法人でなければ使うことができないのに比べて、こっちだと、個人でも法人でも使うことできることや、使った分だけを払えばいいので手元資金を抑えられるので、普通に使うものより少し良いのを使うことが可能にすることができたり、全額を経費にすることができることで、固定資産税とならないから減価償却から省くことができとても良いとです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *