コピー機のレンタルとリース

紙でできた文書が次々とデジタルの文書に置き換えられている現代社会ですが、まだまだコピー機の需要はさかんになっています。たとえば税金の申告書や売買があった際に発行する領収証はやはり紙ですし、社内的にも稟議書や支出票など挙げればきりがないほどです。このような紙の文書を必要に応じて、必要な枚数だけ作成するにあたっては、手作業ではとても間に合いませんので、コピー機を使うのがもっとも効率的な方法といえるでしょう。しかしコピー機といえば購入する場合にきわめて高額になってしまうのがネックです。

最近のコピー機は性能がかなり進化しているため、従来の白黒コピーだけしかできない単純な機能をもつ製品とは違って、この価格傾向は大幅に上昇しています。そのなかで安価にコピー機を導入しようとすれば、リースやレンタルといった購入以外の方法があります。リースの場合には顧客の要望を踏まえてリース会社がメーカーから製品を購入した上で、毎月のリース料金を支払う顧客に使わせることになります。いっぽうのレンタルは、レンタル会社が在庫としてもっている製品を顧客に貸し出し、その対価として料金を受け取るものです。

トータルの金額でみればリースのほうがレンタルよりも料金が割安になる傾向がありますが、レンタルであれば期間の設定をフレキシブルに行うことができますし、機種の交換なども容易です。プロジェクトやイベントなどでさらに台数が必要な場合にも適当な方法といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *