コピー機をレンタルするメリットとデメリット

コピー機をレンタルするメリットとしてまず挙げられるのは、「ごく短期間でも利用できる」ということです。そのため、何かの都合で1日や数日だけ使いたい場合に便利だと言えるでしょう。次に挙げられるメリットは、「いつでも解約できる場合が多い」ということです。リースの場合は途中で解約することができないため、利用をやめるとしても契約期間中の残りの費用を支払う必要が出てきますが、レンタルであればいつでも解約可能な業者が多くなっていると言えます。

さらに挙げられるメリットは、「基本的に審査がない」ということです。そのため、リースの審査で断られた場合でも利用することが可能です。また他にも、レンタルの場合は業者側にコピー機の所有権があるため、利用する側に固定資産税が発生することがないということもメリットだと言えるでしょう。一方で、デメリットとしては、「リースよりも費用が高くなってしまう」ということが挙げられます。

リースと比べると、1カ月あたりの費用が倍近くになってしまうのが相場なので、利用の仕方によってはコスト面での負担が大きくなってしまいます。一般的には、2年以内の短期間の利用であれば、レンタルのほうがお得になるケースが多いと言えますが、それ以上の期間利用したい場合はリースのほうがよいと言えるでしょう。また他にも、レンタルの場合は、コピー機の機種が選べないことや、中古品を使うことになるといったこともデメリットだと言えます。コピー機のレンタルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *