コピー機導入時、レンタルのメリットとデメリット

会社にコピー機を導入するとき、レンタル・リース・購入の3種類の方法があります。レンタルの最大のメリットは、導入したいときにすぐ契約できることです。契約するときに審査がないため、明日からすぐ導入したい場合も可能です。特設会場で使用したいときや短期間だけ使用したいときに非常に適しています。

またコピー機自体の所有権がレンタル会社にあることから、購入したときに計上する減価償却や固定資産税が発生しないこともメリットです。さらに急にコピー機を使わなくなったときには、いつでも解約できる点も使い勝手がよい理由でしょう。デメリットは、長期間利用すると費用が高くなってしまうことです。リースに比べ月額の費用が2倍なんてこともあるので、どれくらいの期間利用したいのかあらかじめ計画を立ててから利用するとよいでしょう。

他には、機種を選ぶことができないことや古い型のものが貸し出されることが多いこともデメリットです。レンタルは自分の会社であらかじめ購入しておいたコピー機を貸し出すシステムなので、新しい機種があったとしても貸し出されていたら借りることができません。また古い型のため、メンテナンスしていたとしても故障するリスクも抱えています。このようなことからレンタルは短期間、尚且つすぐ使いたいときに活躍する手段と言えます。

自分がどのような目的で借りるかとどれくらいの期間利用したいのかをしっかり想定し、上手にコピー機を導入しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *