コピー機のレンタルについて

主に家庭用のコピー機については価格的にもさほど高いものではなくレンタル市場はさほど大きいものではありませんが、企業がオフィスで用いるような大型で高性能のコピー機についてはレンタル市場が充実しています。これはやはり価格が相応に高いことが最も大きな理由でしょう。家庭用であれば数万円程度が主流でしょうが、オフィス向けであれば数十万円程度はするからです。それでも個人ではなく企業なのだからその程度の金額は出せるだろうと思うのは早計で、特にベンチャー企業の立ち上げ時期とか、新しいベンチャー事業の立ち上げ時期などは運転資金も十分でなく、たかが数十万円といった金額であってもおいそれとは出せないことがあります。

仮に多少無理すれば出せたとしても、本来業務のための資金、例えば商品の仕入れとか従業員の賃金、オフィスの賃貸料とか光熱費といった不可欠なものに少しでもお金を回したいと思うのはよくあることです。コピー機も確かに仕事には必須のものかもしれないけれども、出費を抑えられるものなら少しでも抑えるに越したことはないとの考えからレンタルが利用されることも多いわけです。この場合、支払いは月々の利用料で済みますから初期段階でまとまったお金を用意する必要は全くありません。また、仮に必要なくなったような場合には直ちに返却することができますからそれ以上に余分な出費が発生することもなく、機動的に動けるというのもメリットになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *