企業が行うカレンダー印刷の種類

一般企業が年末が近づくと積極的に行うようになるカレンダー印刷は、宣伝広告を目的として行うものです。カレンダーの一部、または全部に企業が知名度を高めたいものの名称やデザインなど様々な要素を盛り込んで作成し、関係先に配布する文化は昔から存在しています。その習慣へ現在でも盛んに行われており、近年では需要を上回る量が制作されるようにもなっています。このカレンダー印刷で主に作られてきたのは壁にかけて利用する壁掛けカレンダーです。

壁掛けカレンダーは非常に大きなサイズで作られていますので宣伝効果も大きく、配布目的で作成するカレンダーとしては花形の存在です。しかしながら壁掛けカレンダーは一部屋に一つあれば足りるというものでもあるため、需要はそれほど大きなものではありません。そのため多数の企業が競うように作るようになると余剰が生じるようになってきているのです。そのため近年では机の上において活用する個人用のカレンダーである卓上カレンダーが新しいニーズを生み出しています。

壁掛けカレンダーに比べるとサイズも小さく宣伝効果にも限界がありますが、一人に一つ以上のニーズを期待できるカレンダーであるという特徴があるため最近では卓上カレンダー印刷に力を入れる企業も増えてきています。業種によっては個人へのアピールも有効である場合があるため、戦略的に卓上カレンダーを選択する企業も少なくありません。この様な方法で知名度を上げるために創意工夫をしているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *