企業のカレンダー印刷の選択肢について

宣伝広告効果を狙って年末になると多くの企業がカレンダー印刷を行います。多くの場合好みのデザインを選んで、そのカレンダーの一部に自社名や自社のサービス名称等知名度を高めたいと考えている何かしらの情報を差し込み印刷するのが一般的な手法となっています。このようなカレンダーを年末までに作成し、挨拶を兼ねて関係各所に配布すると言うのが日本におけるビジネスの1つの手法となっています。このようなカレンダー印刷で最も採用されているのは壁掛けカレンダーです。

壁掛けカレンダーは壁にかけて利用するカレンダーなのですが、他のカレンダーに比べてサイズが大きいのが特徴です。ポスターのように壁に貼るタイプもありますので宣伝広告効果は最も期待することができます。そのため壁掛けカレンダー印刷に力を入れる企業は少なくありません。しかしながら壁掛けカレンダーは需要に制限があるのも事実です。

限られたスペースの中では必要となるカレンダーには限界がありますので、せっかく配布しても使ってもらえないカレンダーも出てくる可能性があります。近年では需要が飽和状態になってきていると言うこともあり、宣伝広告効果を狙うだけではなく実用性とデザインを兼ね備えた創意工夫が求められているのです。そのため最近では卓上カレンダーを選択する企業も増えてきています。宣伝広告としての機能は少し弱くなりますが、テーブルに対して1つの需要がありますのでニーズの高さは壁掛けカレンダーに比べて非常に高いといえます。

そのため使ってもらえるカレンダーにこだわりたい場合には卓上カレンダーを選択する企業も増えてきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *