リースならコピー機が簡単に利用できます

コピー機を導入する方法にはリース・レンタル・購入の大きく3つに分けることが出来ます。購入は資産にはなりますが備品管理や、メンテナンスができる人材を自分で用意しなければなりません。そのためあまり枚数を印刷しない家庭などでは良いですが、壊れるリスクのある大量に印刷を必要と必要とする会社での利用は向いていないと言えるでしょう。レンタルは短期間の間なら1日単位で簡単に利用できるので、イベントなどや急ぎで必要になったケースに向いています。

審査もいらずに借りることができるという気軽さは有りますが、基本的にリースよりも1日単位の値段が高い傾向にあります。その点コピー機をリースで利用すれば、長期的な目線から見ればお得と言えます。審査や契約には時間がかかりますが、決まった機種のコピー機を使い続けることを条件に、月々の利用料金を抑えることが可能だからです。特にモノクロ印刷しか行う予定がない場合などには、おすすめの方法となっています。

逆に言えば同じ機能のものを使い続ける必要があるので、最新の機能をすぐに使う必要がある場合や、より綺麗な印刷方法でコピーを行いたい場合にはあまり向いていないと言えるでしょう。リースを契約するときにはどんな機能のものが良いか、はっきりと決めておくことが大切です。初めてコピー機を導入するなどでどんなものが良いか判らない場合には、レンタルから長期プランに変更できる会社か、機能を相談して決められる場所を選択するとよいでしょう。コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *