コピー機のリースとレンタル

会社の事務所やオフィスで、必ず必要なものといえばコピー機で、ペーパーレスを推進している企業でも、紙に印刷した資料は業務に欠かすことのできないものです。コピー機をオフィスに導入する際に、リースとレンタルではどちらがお得なのか、双方の違いを見ていきましょう。リースはレンタルよりも利用期間が長いことが特徴、途中の解約ができませんが、製品は複数の中から選べて、初期費用がかからない点も大きな違いです。レンタルはリースよりも利用期間が短く、数日からの契約が可能で、短期間で利用したい会社などにはおすすめ、途中で契約を終わらせることもできます。

しかし、製品はレンタル会社のお任せとなり、初期費用がかかることもデメリットとなります。リースの場合はコスト面が明確で、費用を経費として計上し毎月の費用が固定制、ランニングコストとしては把握しやすいことが特徴です。コピー機の所有権はリース会社にあり、購入した時に計上する減価償却や固定資産税が発生しないことや、月額換算すると費用が安いこともメリットとなります。レンタルでも所有権がレンタル会社にあり、購入した際の減価償却や固定資産税は発生しません。

気軽さが特徴のレンタルは契約の時に審査がないので、審査に通らず断られてしまうことがないことはメリットと言えます。双方にそれぞれ違ったメリットがあり、自分の会社にあった運用しやすい形態を選んで、利用することが重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *