コピー機ならリースがおすすめ

企業がコピー機や複合機の導入を検討する際は、購入した方がいいのかリースやレンタルを利用したらよいのか、いくつかの選択肢があります。コピー機に関しては、リースを導入している企業は多いです。毎月固定の料金を支払っていくのであれば、購入してしまった方がコストがかからないのでは、と感じる人もいるかもしれませんが、実はコピー機のリースには多くのメリットがあると考えてられています。レンタルすることもできますが、あらかじめ長期間使用することが分かっているならばリースの方が適していると言えるでしょう。

レンタルは比較的短期間の使用を目的としており、使用する機種を選択することができません。コピー機をリースで導入することのメリットの一つとして、初期費用がかからないという点が挙げられます。機器購入に必要となる費用を、契約する会社が請け負ってくれるため、コスト面は最小限に抑えることができます。その分を他の使途にまわすこともできて、新しく会社を立ち上げる場合には心強いサービスであると言えるでしょう。

実際に契約する使用期間は、3年~6年で途中解約はできない決まりとなっています。しかし、次に契約する際に最新の機種に変更することもできるので、新たな性能が加わった機種の使用が可能となります。最低契約期間が3年となっており、最短ならば3年で切り替えることもできるでしょう。一定期間で新しい機器を導入することができるのは、嬉しいポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *