コピー機のリース料の相場は?

オフィス用品の中でもコピー機は非常に高額で、本体を新規購入しようとすると費用がかさみます。そのため、コピー機を導入している会社は業者とリース契約を結んで設置していることが多いです。リースとは、必要なものを業者に代わりに購入してもらい、一定期間使用料を払うことで貸し出しをしてもらう契約のことです。金利が発生するなど、長期的な価格で見ればデメリットもありますが、このシステムを活用することで初期費用を非常に低く抑えられます。

特に中小規模の会社では、積極的に利用したいものです。そこで、費用が気になります。コピー機のリース料は、一般的に印刷速度によって変動するものです。印刷速度が毎分30枚程度の安いものなら、おおよそ月額1万円前後で導入できます。

印刷速度が速く、本体価格が高いものだと2万円近くかかることもあります。しかし、いずれにせよ本体を定価で新規購入するよりは手軽に導入できるのです。ただし、実際はリース料に加えて保守料金がかかるので、ランニングコストは今解説した価格よりもう少し高く想定しておいた方が安心です。契約する前に業者に見積もりを出してもらい、適切な価格か確認するとよいでしょう。

必要に応じて複数業者を比較するなどしてコストをおさえることもできます。契約年数や継続期間によって、販売業者が割引サービスを行なっている場合もあります。会社にコピー機を導入する際は、そのような仕組みをうまく活用するのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *