仕事に役立つコピー機のリースプラン

顧客からの資料請求や会議向けの文書の作成では、様々な機能が付いたコピー機の上位機種が非常に役立ちます。そのために5年程度のリース契約が満了した場合には、最新のハイグレードな機種を導入したいと考える経営者も多いです。同じ機種でもリース会社によって料金や付帯サービスの内容は異なるので、まず最初に見積もりを依頼するべきです。特に新しい地域で事業拠点を新設するときには、カウンター料金などの相場についても事前に調べるのが望ましいです。

相場に基づいてリース会社と交渉を進めると、通常よりもお得にコピー機が利用できる可能性も高まるからです。事前に希望する機種が決まっている場合には、特定のメーカーの代理店系の会社に相談するのがポイントです。商品知識が豊富なスタッフが対応してくれるので、各企業の求めに応じて最適なコピー機を手配してもらえます。更に特定のメーカーに強いリース会社は、設置などの作業も手際よく行えるのが一番の強みです。

しかしメーカーや機種などの選定が白紙状態の場合には、規模の大きなショールームがある会社に相談するべきです。ショールームで実際に代表的な製品に触れてみると、使いやすい機種も容易に見つけることができます。特に企業の関係者の間で人気があるのは、クラウド連携やモバイル連携などの機能が充実した最新鋭の機種です。そしてランニングコストが最安値のコンパクトな機種は、小規模なオフィスにも適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *