コピー機のリースについて教えて下さい

コピー機のリースとは、簡単に言えば「一定期間コピー機を専門会社から契約に基づき貸してもらう事」を言います。リースとレンタルの違いが分かり難いという様な声もありますが、レンタルは1日単位でコピー機を貸してもらう方式であり料金も1日単位で掛かりますので、臨時で何処かに出張場を開設して数日以内に撤去するという様なケースではメリットがありますが数か月から1年範囲でそこに留まる様な時にはコストが掛かってしまいます。提供してもらえる速度が迅速という点では、リースよりもメリットがありますが引き換えに中古品のレンタルが普通であり場合によっては借りた物が現在の一般的な機械の仕様とずれ込んでしまい、面倒が出る事も有り得ないでは無いです。では、リースの方はと言えば、貸し出しに審査が必要ですので導入まで少し時間が掛かってしまう点がデメリットですが、数か月単位だったり1年範囲で最新機種を貸し出してもらえますし、料金も1日カウントのレンタルよりも大きく安い事が少なくありません。

全ての会社共通と言うわけではないですが、メンテナンスサービスや故障時の修理対応もしてもらえる事も多く臨時で事務所を立ち上げる様なケースでは特に強い味方となってくれます。どっちがより優れているかという点は、一概に言う事は出来ませんが上手く使えば、自前で機材を揃えないで済むという点でコストが大きく助かる事も無いでは無いので、もしも数か月以上の仕事の目途がある時には、リースを選んだ方がメリットが多いという事で覚えておくと齟齬がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *