コピー機のリースサービス契約で理解しておくポイント

最近はコピー機の進歩がかなり珍しいものになってきていることは、ご存知でしょうか。FAXスキャナープリンターなどとしても、活用することがかなり簡単になってきていますし、パソコン、スキャナープリンターなどとして活用するうえでもかなり操作が簡単になってきているという傾向があります。大丈夫かさらに操作なども大画面のタッチパネル気になっているので、機械が苦手な従業員がいるようなオフィスでもいちいち教育をする必要もなく、自然とすぐに使いこなせるようになるのも大きな特徴の一つと言えるでしょう。今までであれば、そのためにコピー機の使い方をしっかり教育しなければいけないといった点で教育コストがかかってしまうという問題も解消できているのが今のコピー機とは言えますあるので、余裕があれば、オフィスのひとひとりぶんの活躍をしてくれる存在と言っても、良いかもしれません。

それだけ多機能になってきているだけに、導入コストが心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、それについては今リースやレンタルサービスなど充実してきていますので、そちらを活用するのがおすすめです。リースもレンタルもどちらも貸し出しという意味では同じですか、貸し出しする期間が違います。短い貸し出しの本をレンタル数年に及ぶ長期的な貸出をレンタルと呼ぶのです。長い貸出契約の方が当然、月々の負担などは軽くなる傾向がありますので、そちらの方が日常的に使いたいと考えているのであれば、お勧めです。

一日だけのイベントや研修会などで大量の印刷物が欲しいと考えている人は、リースではなく短いレンタル契約で良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *