保守契約の内容でリースするコピー機を選ぶ

リースするコピー機を選ぶ時に意外と見落としてしまうのが保守契約の内容です。いくつかの種類があることを知らないと、ピッタリの形態でリースできません。同じ環境で使っていても保守パターンによってはお得になったり、逆に損をしてしまうこともあります。基本的にはリースではカウンター・スポット・キットの三つのパターンを覚えておけば大丈夫です。

コピー機によってきめられていることが多く、1機種で複数パターンが用意されていることもあります。カウンター契約では1枚あたりの印刷に単価が決められており、印刷した枚数で費用が変わります。たくさん印刷する会社では費用がかさむ恐れがありますが、その分トナー代は無料です。実際にどの程度の料金になるかはシミュレーションをしてくれるので、それを見ながら検討しましょう。

ほとんどがこのカウンター契約ですが、中にはスポット契約を結ぶケースもあります。その場合、故障したら自分達で修理業者を手配する必要があり、その分継続的な費用はかかりません。コピー機に思わぬ問題が発生して多額の修理代が必要になるかもしれないというのが、注意しなければならない点です。キット契約は印刷する枚数の少ない会社に適しています。

保守やメンテナンスのついているトナーを購入することで、印刷時の費用は発生しません。1か月あたりの印刷枚数がどの程度になるのかでお得になるかを判断でき、一般的に月の印刷枚数が500枚以下は検討した方が良いと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *