メリットの大きなコピー機リース

現代においてはものづくりも重要な産業のひとつですが、それだけで社会が回るわけではありません。部品や機械を発注したり、得意先と納期の調整をしたり、売買代金の支払いを受けたりと、なにかと事務的な業務が付随するのも現代の特徴といえます。こうしたなかで活躍するのがコピー機に代表されるさまざまなオフィス機器ですが、最近は複合機化が進んでおり、コピー機ひとつに従来のファクシミリやプリンターなどの機能が詰め込まれ、かなり高性能になっています。ここで気になるのはコピー機の価格ですが、新製品をそのままメーカーから購入しようとすると数十万円、場合によっては数百万円の出費となってしまいます。

もちろん型落ちの中古製品を購入する手段もありますが、せっかく導入するのであればやはりスペックの高い新製品のほうがよいのは事実です。このような場合にはコピー機をリースで取得するのがベストな方法です。リースであれば購入とは違って一度に多額の出費を避けることができるほか、毎月の定額の料金だけで済むことになるため、先々の出費の見通しを立てやすいところもメリットといえます。またリースの場合には、たとえば使った枚数に単価を乗じた価格で包括的なメンテナンス契約を結ぶことができるなどのオプションがあることも多いといえます。

これならば故障があるたびにサービススタッフを呼び出して高額な修繕費を支払うことになるといった心配がなく、ある意味でのリスク管理にもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *