エンジニアのスクールに行こう

未経験でもエンジニアになるためには、スクールに通うことをおすすめしています。未経験であれば、どういうことでもチャレンジできる強みがあります。スクールに行けば簡単な基礎知識から応用に至るまで、企業で働けるレベルにまで学ぶことが可能となります。これからエンジニアになりたい人は、スクールで基礎知識を学んでおきましょう。

このような経験を通じて、他の未経験の人に差を付けることができるのです。企業としては、純粋な未経験者よりもスクールなどで学んできた人を評価しがちです。その理由はやはり、なにも分かってない人よりも分かっている人のほうが扱いやすいという事情があるからです。たとえば、エンジニアにあこがれている人であっても実際に働いてみるとイメージと違うから止めてしまう人がいます。

経験者であれば仕事内容が分かっていますから、ミスマッチは少なくなります。そのような事情もありますから、スクールに通ってエンジニアとはどういう仕事なのかを知っておきましょう。書類選考や面接の際には、どういう仕事をしたいのかをしっかりとアピールします。自分の夢と会社のビジョンが一致していることを知ってもらうようにしましょう。

そうすれば、面接官があなたに共感をして採用確率が高くなります。これからエンジニアの仕事をしたいと考えているならば、学校に通って基礎的な経験を積んでおきましょう。そういう努力こそが、会社からの評価を高めることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です